麻薬取り引きマネーロンダリングにビットコイン活用して逮捕

4277米ビットコイン取り引き会社創業者の没落
オンライン仮想貨幣であるビットコインの‘伝導師’がマネーロンダリングなどの疑惑で逮捕された。 ビットコインが犯罪に利用されることができるという憂慮が現実化したわけだ。

アメリカ法務部は27日ビットコイン取り引き会社であるビットインスタントの創業者であるチャーリーシュィレム(24)とオンライン麻薬取り引き業者であるロバート ペエルラ(52)をマネーロンダリングなどの疑惑で逮捕したと発表した。 シュィレムはフェイスブック最大株主に入るウィンクルボス兄弟から150万ドルをビットインスタントに投資受けるなどビットコイン業界の最大麒麟児であった。 彼は26日オランダ、アムステルダムで開かれたビットコイン会議に参加した後アメリカ、ニューヨーク ジョン.F.ケネディ空港に到着するやいなや逮捕された。

捜査当局の発表を見れば、シュィレムは100万ドル分を越えるビットコインをオンライン薬品取り引きサイトであるシルクロードの利用者に販売した疑惑を受けている。 シュィレムがペエルラとビットインスタントを利用して大量のビットコインを買った後、麻薬を匿名で思慮はシルクロード利用者に販売したということだ。 シュィレムはビットコインが麻薬匿名取り引きに悪用されていることを分かっても当局に申告しなくて銀行秘密法を違反したと捜査当局が明らかにした。

ペエルラは2011年12月から2013年10月までシルクロード サイトに秘密裏にビットコイン取引所を開いてビットコインを販売した。 彼はビットコイン購買注文を受ければ、シュィレムが最高経営者であるビットインスタントでビットコインを調達した。 ビットインスタントは匿名の利用者が現金を与えればビットコインに変えた。

検察が裁判所に証拠で提出した書類を見れば、シュィレムは自身のビットコイン事業が法に抵触する可能性があることを知って逮捕に備えた情況がある。 シュィレムは2012年ユーチューブ インタビューで“私たちは非常対策がある。 あらかじめ準備しておいた飛行機チケットでシンガポールに行ってすでに設立されたまた違う会社と仕事をするだろう。 多くの熱血ビットコイン事業家はビットコインのために監獄に行く準備ができた”と話した。 裁判所は100万ドルの保釈金を受けてシュィレムを解いて、住居を自宅に制限した。

アメリカ麻薬取り締まり国は声明で“二人の被告人はコンピュータの後に隠れて匿名の麻薬販売を意図的に助長して、実質的な利益をむさぼった疑惑を受けている”と明らかにした。 捜査当局の説明のとおりこれらが意図的に麻薬取り引きのためのマネーロンダリングにビットコイン取り引きを悪用したとすれば、そうでなくても実物価値がない投機商品という非難を受け入れたビットコインの未来に大きい打撃を与える展望だ。

今回の捜査に参加したアメリカ国税庁のハン調査官は“ビットコインは本質的には不法ではないが、無記名状態で現金に容易に変えることができて不法取り引きと犯罪行為をロンダリングするのに使われることができる”と指摘した。 ビットインスタントはアメリカ財務部に最初に登録したビットコイン取り引き会社なのに、昨年から事実上運用が中断された状態だ。 シュィレムが副会長であるビットコイン財団側は声明で“シュィレムの疑惑は重大だ”として“不法な行為を同情しない”と明らかにした。