仮想貨幣‘ビットコイン’悲観論拡散

4276世界最大ビットコイン取引所だった日本の‘マウントゴックス’が取り引きを閉鎖した直後日本金融当局が調査を始めた。 この取引所が現在まで全体ビットコイン発行量の6%に該当する74万4000ビットコインをなくしたという内容を入れた文書がオンライン上に出回って取り引き閉鎖された。 以後世界の主要取引所でビットコイン価格が一日ぶりに20%超えて暴落するなど未来仮想貨幣で脚光を浴びてきたビットコインの運命が試験台に立った。

26日日本政府スポークスマンであるスガ・ヨシヒデ官房長官は記者会見でマウントゴックスが前日取り引き閉鎖をした背景と関連した質問を受けて“警察、財務省、関係金融当局などが該当事件と関連した情報を収集している段階”と明らかにしたと<ロイター>通信などが伝えた。 マウントゴックスいわく、ビットコインをドルや他の実物貨幣に変える取引所で昨年4月まで世界ビットコイン取り引きの70%を占めた程に比重が大きかった。

マウント曲付く25日に“私たちのサイトと使用者を保護するために当分すべての取り引きを閉鎖する措置を断行する。 私たちは状況を綿密に点検していて、適切に対応するだろう”という短い声明をのせた。 <ガーディアン>は“74万4000ビットコインが何年間誰にも分からないように盗まれて紛失したという内容を入れたマウントゴックス内部文書と推定される文書が流出した以後に取り引き閉鎖がなされた”と伝えた。先立ってマウント曲付く7日に技術的欠陥を理由に顧客引き出しサービスを全面中断した。

4278マウントゴックスが実際の74万4000ビットコインをなくして回収が不可能な状況ならば、これは25日暴落した価格である1ビットコイン当たり420ドルだけ捉えても3億1200万ドルほどになる天文学的金額だ。<ウォールストリートジャーナル>は“銀行は政府が預金者保護をするがマウントゴックスに預けておいたお金は保護される余地が殆どない”として支給不能事態を憂慮した。 この新聞は匿名の消息筋の話を取って“米国連邦検察が今月にマウントゴックスに召喚状を発行した”と報道した。

ビットコインは2009年にナカモト・サトシという日本式名前を書く匿名の人物が創案したオンライン上の仮想貨幣システムだ。 発行限界が2100万ビットコインであり、現在1200万ビットコインが発行されている。 取り引き匿名性が保障されるところに手数料が低く多くの国家で課税対象から抜け出していて脚光を浴びてきた。 昨年クリスマス以前に1ビットコイン当たり1200ドルを越えて、マウントゴックス事態が知らされた25日には420ドル下へ逆さまに落ちるなど投機バブルが激しい。

法律関係のお悩み相談のおすすめサイト

弁護士(専門は遺産相続)・・遺産相続関係の扱いが専門の弁護士さんです。一応遺産相続が専門ということにしていますが、基本的には民事系はなんでも得意で親身に相談に乗ってくれますので、家庭の法律問題で悩んだらまずは相談してみましょう。

費用はいくら?株式会社、合同会社設立費用・・会社設立をできるだけコストを抑えてやってくれる事務所にお願いしたいという人におすすめです。特に売り上げが上がるまでは顧問料ゼロ円というスタイルは、起業したなという気持ちの面でもプラスになる気がします。起業時につまずきやすいポイントなども教えてくれるのでお勧めです。